選択するポイント

業者選びのポイントとは

遺品整理業者は近年急速に増加しています。遺品整理を依頼する際は、多くの場合が賃貸物件です。明け渡しの日まで時間がない場合などは特に、迅速な対応が望まれます。よい業者選びの大きなポイントとしては、まず営業年数で見分けるという方法があります。当然ながら対応の悪い業者はそう長く営業できるはずはありません。営業年数のある業者はその分、実績や経験もあり、ある程度の信頼を寄せることができる大きな目安となるのです。 また、遺品整理士の有資格者を持つ業者であればなお信頼が持てます。物品の取り扱いに関する知識はもちろんのこと、業務にあたるうえでのモラルなども備えていることが予想されます。当日立ち合いができないという方は特に、専門スタッフがいることで安心感が持てます。

遺族の気持ちに配慮した対応

遺品整理業には、先述した遺品整理士という認定資格があります。有資格者がいるに越したことはないのですが、近年では業者全体として遺族に配慮した対応スキルを教育する動きが広がっています。多くの業者が、任せられた遺品は供養したうえで処分するという業者も多いですし、仮に処分する遺品であっても丁重に取り扱うなど誠実な対応がなされています。遺品整理が業務として開始された当時のような「便利屋」のような風潮は薄れつつあるのです。 しかし、中には高額な請求を行うなど不誠実な業者もあるのが現状です。時間的な制約があるかもしれませんが、事前に依頼したい内容を細かく伝えたうえで複数の業者から見積もりを取ることが望ましでしょう。